[3]3~4年のSSL証明書購入で、消費税率アップ対策は万全

[3]3~4年のSSL証明書購入で、消費税率アップ対策は万全

Joe's SSL市場(https://www.joes-ssl.com)


消費税率改訂まで、あと1ヶ月ほどになりました。ECサイトを運営していれば、3月31日の深夜までに消費税率を8%に変更する必要があります。サイトに掲載している料金の表示もそうですが、自動返信メールや請求書やクレジットカードの設定なども対応する必要があります。

2014年4月から、消費税率は5%から8%に改定される


 

売る側もそうですが、買う側としても、このまま4月1日を待ってよいのかという疑問があると思います。SSL証明書の場合、2014年3月に1年有効の購入した場合でも、12ヶ月分について消費税5%を適用します。そしてこのルールは、複数年に関しても適用されます。つまり、3年とか4年とか、有効年数の長い証明書を購入した方が有利になります。

セコムでないとダメという根強いファンが多い


 

そもそも消費税率改訂とは別に、Joe’s SSL市場では、どのブランドの証明書でも、1年契約の1.7~1.8倍の価格で2年契約、2.7~2.8倍の価格で3年契約のものが購入できるようになっています。また、それだけ更新の頻度が少ないので、手続きの手間も減ります。
 

Joe's SSL市場の主役、ベリサイン


Joe’s SSL市場では、グローバルサイン、ジオトラスト、Comodoに関しては、4年までの契約が可能です。セコムに関しては、5年契約で毎年更新する場合、審査は不要ですが、2014年4月以降の更新の分に関しては、8%の税率がかかります。たとえば、2012年2月から5年間の場合、2012,2013,2014は5%、2015は8%、2016年は10%(予定)になります。
 

Joe'sウェブホスティングのFacebookページでもそれなりに反応が


 
また、ベリサインに関しては、これまで1年契約もしくは2年契約の証明書のみをご用意してきましたが、2014年2月19日から3月31日まで、新たに3年契約、4年契約のオプションを用意しました(表)。4年契約であれば、2014年4月の8%だけでなく、2015年10月の10%(予定)の対策にもなります。
 
 
 
 

1年 2年 3年 (2014年3月31日まで) 4年 (2014年3月31日まで)
Secure Site
(旧セキュアサーバーID)
39,900円 71,400円 105,000円 136,500円
Secure Site Pro
(旧グローバルサーバーID)
105,000円 186,900円 262,600円 338,500円

 

SSL証明書についてのご質問などございましたら、Joe’s SSL市場まで、お気軽にお問い合わせ下さい。