[2]Joe’sビジネス・センター青山がコワーキングスペースを提供開始

[2]Joe’sビジネス・センター青山がコワーキングスペースを提供開始

Joe'sビジネスセンターのサイト

 

Joe’sビジネス・センターは、バーチャルオフィスといって、普段は自宅や他の事業所で業務をしている方に対して、郵便や電話を転送するサービスを行っています。Joe’sの場合もそうですが、銀座や青山などの一等地におかれているのが普通です。名刺やサイトの連絡先にもその住所を記載できます。ただ、Joe’sの場合、商談室・会議室が一定時間無料で利用でき、専属スタッフが常駐しているなど、来客された契約者のお客さんに「ここが自分のオフィスです」と胸を張って言えるような環境つくりをしています。

 

青山オフィスは、もともと大会議室がなく、商談としての利用がメインだった

 

ところでJoe’sビジネス・センターでは、以前から「商談やセミナーではなく、オフィスで1人で仕事ができるようにできないですか」というご要望を何度かいただいてきました。現在は、1ヶ月8ポイントまであって、そのポイントの範囲内で商談室や会議室をご利用いただいていて、オフィスに常駐できない、という規則になっています。もし、オフィスに常駐できれば、それはバーチャルオフィスではなく、シェアオフィスやレンタルオフィスという範疇になり、現在の価格(月額4000円+消費税)でご提供するのは難しいのが現状でした。

 

 

 

そもそも、コワーキングスペースとバーチャルオフィスとの違いについては、以前も本誌で説明しました。また、Joe’sで、コワーキングのイベントに協賛したこともあります。

2011年11月号 https://joes.co.jp/2011/12/20/joes-coworking-office-2011-1220/

2012年1月号 https://joes.co.jp/2012/01/19/joes-coworking-jelly-2012-0119/

2012年6月号 https://joes.co.jp/2012/06/21/coworking2012/

 

Joe'sで以前にコワーキングのイベントに協賛しこともあった

 

コワーキングは、その名の通り二人以上がコラボして働いてはじめてコワーキングになります。つまり、Joe’sビジネス・センターの他の会員と親しくなって、一緒にビジネスを始めるようなことを想定しています。8ポイントで1ヶ月最大4回ということになりますが、ノマドといって、職場を固定しない方がよいパートナーが見つかる可能性が高いように思われます。

 

 

近い将来、梅田オフィスでもコワーキングを導入する計画はある (写真は、大阪のコワーキングスペース Osakan Space)

 

 

 

 

 

さらに、Joe’sビジネス・センターの会員でなくても、ビジターとして、終日1000円+消費税で、コワーキングをご利用いただけます。一緒に仕事をする仲間を呼んで、青山でコラボされても良いかと思います。
 
皆様、青山オフィスのコワーキングを、是非ご利用下さい。