ご挨拶

[2]10周年記念電子コミック「ごきげんにゃん」が最終回

創刊号の表紙


株式会社Joe’sウェブホスティング(現 株式会社Joe’sクラウドコンピューティング)10周年を記念して2012年7月に創刊された、Joe’sと鈴木禎子社長のこれまでの経緯をつづった10周年記念電子コミック「ごきげんにゃん」は、第9話(2013年12月発行)で最終回を迎えました。
 
創業時から共用、専用のレンタルサーバーのみを提供していた頃まで、Joe’sは「わかりにくい会社だ」と言われていたように思われます。サポートや営業が、お客様とオンラインでしか接触する機会がなかったことが原因であったと分析し、
・毎月のニューズレター(本誌)の発行

オープンソース推進プロジェクト
・上級技術者と電話で直接話ができる技術サポート
などで、Joe’sの会社のことをもっと理解していただき、お客様とのコミュニケーションを充実させることができれば、と考えていました。

9話の全表紙


 
「ごきげんにゃん」をお読みになられた方も多いかと思いますが、同じ内容を活字で小説風に書いたとしても、インパクトも限定的であったのではないでしょうか。インターネットの時代ですから、ビジュアルで、テキストは短めに(twitterやfacebookなどもそうですが)した情報が受け入れられるように思われました。また銀座オフィスの支配人の高橋の知人からのすすめもあって、Joe’s 10周年の経緯をマンガで製作して発表してみようということになりました。
 

最終回(第9話)の表紙


制作を担当した銀杏社は、大手の漫画製作プロダクションで、日本の有名漫画雑誌の編集部へ、 スタッフを多数派遣しているということでした。2ヶ月に1回程度、銀杏社の阿部さん、本間さん、Joe’sの鈴木禎子社長、銀座オフィスの高橋支配人の4名で打ち合わせをして、シナリオを作成し、最終的に大阪在住のフジヤマヒロノブという漫画家に依頼して、マンガに仕上げていました。
 
第1話 アメリカで起業
アメリカでなにかビジネスを立ち上げようと思ったきっかけ、鈴木禎子のそれまでの生い立ち。
 
第2話 アメリカで起業2
レンタルサーバーのサービスを始めたきっかけ。サイトから、対面を経ずにオンラインで契約するやりかたは、当時(12年前)としては珍しかった。
 
第3話 大阪でビジネス開始
日本に帰国後、ビジネスは順調に伸びていった。Google検索で年間3,000万円支払っていた。また、2chのスレッドがたくさん立ち、これが、強力な宣伝にもなっていった。
 
第4話 思わぬ大惨事
ハッキングにあって、顧客の全サーバーの全データを消失する。しかし、その後立ち直り、ビジネスは回復していった。そんなある日、買収話がもちあがった。
 
第5話 バーチャルオフィス誕生
本社は大阪にあったが、東京近辺に顧客が多く、営業拠点が必要なので、東京の外資系のバーチャルオフィスを契約していたが、受付女性の愛想が悪く、青山でJoe’sでビジネスを開始することになった。
 
第6話 主婦として、社長として
バーチャルオフィスのビジネスは順調に伸びていった。本社は、北浜から高麗橋に移った。鈴木禎子の息子、娘が海外に留学することになった。
 
第7話 新規事業スタート
本社を梅田の現在のビルに移転した。従業員数も増え、充実した会社となっていった。サーバー、オフィスにつぐビジネスとして、SSL証明書を販売するJoe’s SSL市場を始めた。
 
第8話 ついに銀座進出
銀座で、青山、大阪につぐバーチャルオフィスの新しい支店を開設した。現在も、Joe’sの全サービスの東京での営業拠点になっている。銀座オフィスの宣伝の動画を制作した。
 
第9話 世界へはばたく
大阪の吹田以外に、シリコンバレーのデータセンターを利用していること、国内で唯一コンパネとしてcPanelを提供していること、インドのIT企業と共同でサーバー管理をしていることなど、国際的なパートナー関係を確立していった。
 

第8話「ついに銀座進出」で実際に制作した動画


Joe’sのサービスを利用されていない方でも、「マンガは全部読んでいます」という方はかなりいらっしゃいます。鈴木禎子社長が、オープンソースカンファレンスでブースにいても、「マンガ見てるよ」と声を掛けてくださる方が多くいらっしゃいます。
 

制作のために打ち合わせをしている鈴木禎子社長


マンガの連載が終わっても、皆様とのコミュニケーションを大切にして、さらに努力していく所存でございます。今後とも、よろしくお願いいたします。

 

心に響く言葉を持っているか?! -東京五輪招致でのプレゼン力-

まず(1)番目は、前回落選の反省を踏まえ、事前のロビー活動やプレゼンテーション法など専門家のアドバイスを受けていたこと。多くの世界的スポーツイベントを成功させた、イギリスのスポーツ・コンサルタント会社がバックアップしています。⇒ 失敗を繰り返さない真摯な学習能力と効果的な対応策。
 
(2)番目が、プレゼンター(皇室・首相・都知事・担当JOC役員・アスリートなど)と内容が適材適所で選ばれていて、プレゼンバランスが良かった点。⇒プレゼン対象であるIOC委員たちに、何を、如何に、誰が、アピールしなければいけないか。イベントのコンセプトを的確に把握。
 
(3)番目は、各プレゼンターが、IOCの公用語であるフランス語と英語を駆使して、プレゼン内容の深い理解を計った。⇒同時通訳をできるだけ使わず、プレゼン対象へ深く強くメッセージを伝える。
 
(4)番目は、話すときの表情、身振り手振りなどのジェスチャーを加え、視線もしっかり前を向き、自信にあふれている自己主張になった。⇒伝統的に日本人の美徳とされてきた、「謙虚」「謙遜」文化からの脱却。
 
(5)番目は、プレゼンターに、笑顔があり、明るさがあり、そして夢と希望があった。⇒近代五輪の最大のテーマを五感で表現・理解。
 
(6)番目は、要所要所で、具体的かつ印象的なエピソードを挿入し、プレゼンテーション全体がひとつの物語のように見事に構成されていた。例えば、滝川クリステル氏は流暢なフランス語で、「何か落し物をしたら、日本では必ず戻ってくる」と、日本が世界一安全な国であることをアピールし、日本の「おもてなし文化」=ホスピタリティ精神を説明しました。⇒プレゼンテーション・シナリオの完成度が高い。
 
そして最後の(7)番目のポイントは、プレゼンテーション冒頭で、いかにIOC役員たちのハートを掴むか。⇒これ以上ないという素晴らしいキャスティングに成功。
 
冒頭に登壇したのが、高円宮妃久子さまでした。洗練されたフランス語と英語を織り交ぜ、東日本大震災に対する世界の方々からの援助へのお礼を述べ、日本が世界に対して感謝している姿勢がとても印象深く、心に響いてきました。
 
まさに、これから始まるプレゼン全体に大きな期待と感動を予感させるものでした。そして、その結果は、みなさんがご存知の如くです。心に響くメッセージを届けるのが、如何に至難の業か。そしてそれが相手に届いた時の感動と達成感。そんなことを改めて痛感させてくれた、プレゼンテーションでした。
 
東京五輪まで、あと7年。如何です? 7年後とは言わず、3年後のあなたを、あなたの会社を、あなたの仕事の未来予想図を、試しに一度、プレゼンテーションしてみては・・・。かく言うJoe’sの7年後のビジョンはというと、自信を持ってみなさまに披露できるものがあります!! と言いたいところなんですが・・・。
 
文責:高橋 正敏(Joe’sビジネスセンター スーパーバイザー)

[5] シリコンバレーのChatWork社、Scalr社のオフィスを訪問しました

シリコンバレーの司令塔 Stanford大学 (Palo Alto)

 

 

マンガ『ごきげんにゃん』によると、Joe’sの起業が米国New York郊外のNew Havenで始まった(2002年)ということになっています。しかし、代表の鈴木禎子によると、実はITのベンチャーをおこす構想は、1995年から1997年にPalo Altoに住んでいたときにすでにあったということです。Palo Altoといえば、Stanford大学の城下町、Stanfordといえばシリコンバレーの司令塔にあたります。滞在していた1996年にYahooがStanfordを退学して起業しています。

 

 

1995-1997に鈴木禎子代表が滞在していたPalo Altoのマンション

 

 

 

Joe’sでは、2013年3月14日から17日まで、サーバー機器の整備のためにシリコンバレーに滞在しました。その際に、起業して10年来、会社同士友人として付き合いのあるChatWorkと、クラウドの新興企業Scalrのオフィスを訪ねてみました。

 

 

 

 

 

ChatWorkのあるレンタルオフィス

 

 

ChatWorkのオフィスは、シリコンバレーのSunnyVale(San JoseとMountain Viewの間)にあるPlug and Play Tech Centerというレンタルオフィスの中にありました。以前は、ここの2階にJapan Pavilionというエリアがあって、日本の企業が集まっていました、現在も日本の企業が多く、日本からの訪問者が多いということです。

 

 

 

 

ChatWorkの山本社長、日本から訪ねてくる人が多い

 

3月15日に、そのレンタルオフィスの食堂でランチをとりながら、「ChatWorkのように、SaaSのサービスを提供する場合には、インターネットによるマーケティングで十分、つまり日本にいてもできるのではないか」というようなことを山本敏行社長に質問してみました。現在は、自分以外のスタッフを日本に残して、シリコンバレーで、取材してもらえるよう、大企業とパートナー契約してもらえるような営業をされているということです。それと、日本にいると、どうしても日本的な考えになってしまい、機能や新しいアイディアが、米国では受けたり受けなかったりするということです。また、米国に入れば、有利なビジネスの情報が入ってくるということです。

 

 

3畳くらいのブースの中にサービスを説明するパネルやプリンタがおいてあった

ただ、お話の中で、一番印象深かったのは、勇気を出して「逃げ道をふさいでいる」ようにされていることでした。日本にいて、海外サービスを提供すれば、リスクがない(ローカライズ以外に費用などかからない)ので、うまくいかなくても、適当な言い訳を言ってごまかせます。したがって、勝負するという気持ちも湧いてきません。山本敏行社長本人は夢中になって深く考えずに米国に移住するようになったというように謙遜されていましたが、他人(他社)では真似することのできない姿勢であると思われました。

 

 

山本敏行社長本人は、Joe’sの鈴木禎子が住んでいたマンションから南に1マイルほど行ったところ(Mountain View)にお住まいで、日本と比べて家賃が高いエリアであるということでした。

 

クラウドの新時代を築くと期待されているScalr、4畳半程度のオフィスにSebastian氏ら3名しかいななかった(左が代表のSebastian氏、中央がJoe'sの増本)

 

また、同じ3月15日に、複数のクラウドを統合する管理ツールScalrのオフィスをおじゃましました。Scalrは、各クラウドのAPI(Application Programming Interface) を操作することによって、アマゾンAWSなどのパブリッククラウドと自社のプライベートクラウドの両方を操作する(ハイブリットクラウド)することを可能とするツールで、クラウドの信頼性を高めたり、高負荷に備えることが可能です。以前は、RightScaleというツールがメジャーでしたが、Scalrはオープンソースとして流通し、急速にユーザを増やしています。Scalrは、CloudStackをサポートしているので、Joe’sのVPSでも利用できます。

 

 

 

 

オフィスは、San Franciscoの目抜き通りであるMarket Streetの1番地(Pierに最も近い側)というランドマークにあるので期待して行きました。4畳半くらいのスペースに代表のSebastian氏と他2名のスタッフが作業していました。従業員数17名ということですが、本国であるウクライナで業務についているということです。シリコンバレーでイベントを頻繁に開いていて、CloudStackやOpenStackなどのコミュニティとも密接に行動しているというお話でした。

 

Joe’sでは、シリコンバレーで活躍されているこうした方々の手本として、海外向けサービスについて、より積極的な展開を模索しています。

[2]人気絶頂のJoe’sの電子コミック、禎子姫が心境を語る

コミックの表紙

先月号でも紹介しましたが、創業10周年を記念して、Joe’sの沿革を描いたマンガを発表しています(https://joes.co.jp/comic/vol1/)。代表の鈴木禎子は「何か会社なり、自分のこれまでの足跡を残しておきたかった。今の時代は、テキストより画像。それなら漫画、それも電子コミックのほうがJoe’sらしいと思いました」と心境を語っています。

Joe'sが誕生した米国NY郊外の一軒家

昨年末に、スタッフの知り合いに漫画の制作プロダクションを経営している人がいるのを思い出して、依頼したということです。それから、第一回目が完成するまでに半年くらいかかりました。漫画家さんの選定から始まり、キャラクター設定、登場人物、舞台設定、シナリオ執筆はどうするのか、そして全体の流れなどなどです。さすがプロとの仕事は、密度が濃く繊細で刺激的で、とても面白く勉強にもなる、ということでした。ちなみに、主人公がポイントで猫に変身するのは鈴木禎子のアイデアだということです。

Joe'sが誕生した一軒家が、本物そっくりに描かれている

月2回ぐらいのペースで打ち合わせが続き、現在は第3話目の漫画を書いている最中です。オールカラーだと予算がかかるので、パートカラーにしたり、モノクロだけにするとか、毎回本編の内容以外にも気を使いながら進行しています。鈴木禎子代表は「あまり東京にいないので、打ち合わせ等優秀なスタッフがいるので、大いに助けられています」と、本音をこぼしています。

ウワォッ〜、入浴シーンも

[制作会社: 株式会社 銀杏社] 日本の漫画製作プロダクションの最大手。日本のほとんどの有名漫画雑誌の編集部へ、 数多くの編集スタッフを派遣している。日本の漫画、というよりも世界のMANGA文化の一翼を担っている会社ともくされている(http://ginnansha.com/)。担当は、阿部さん、本間さん。

打ち合わせの様子

[漫画家: フジヤマヒロノブ] 大阪在住の30代漫画家 漫画雑誌に執筆や企業向け漫画などの執筆と、幅広く活躍中。

 

[全10話予定]
第1,2話 アメリカにて起業
第3,4話 帰国後、大阪の自宅で事業スタート
第5話 初めてのオフィスを借りる
第6,7話 梅田にオフィス移転
第8話 念願の東京進出。青山にバーチャルオフィスオープン
第9話 銀座にバーチャルオフィスオープン
第10話 新たな10年へ向かって

[4] 専業主婦から無借金主義の経営者になって10年、禎子姫のインタビューがテレビで放映中

代表の鈴木禎子が、米国NYの郊外で、Joe’sウェブホスティングの第一声をあげたのは、2002年7月1日のことでした。すでに10年の歳月が経過したと思うと、感慨深いものがあります。

鈴木禎子代表のインタビュー

10年前の当時は、今と違って、起業というのは敷居の高いものでした。申し込みフォームのひな形など無く、Perlを勉強して自分でプログラム(cgi)をつくって、6枚からなるホームページを作成して始めたそうです。当時は、インターネット人口も10%程度でした。

それでも、1年もしないうちに、共用サーバーの会員が1000に達したということです。鈴木禎子代表が、専業主婦から起業をしたのは、ご主人の仕事の関係で1年間米国に滞在した際に、子育てをする普通の専業主婦で終わるのではなく、自分で何か始めたい、一歩踏み出したいと決意したことがきっかけであったということです。

2002年7月1日にJoe'sウェブホスティングが誕生した家(米国CT州New Haven)

今回の10周年を記念して、Joe’sでは、エールズTV(http://yells-tv.com/)というソーシャルTVでのインタビュー(You Tubeで放映)と、オリジナル電子漫画(連載)の制作も行なっています。漫画につきましては、次号で詳しくお伝えします。
エールズTVは、主にインタビューの動画の製作をして、インターネットに流すサービスをしています。Joe’sのサービスを利用されている方の紹介で、この機会に是非取材させていただけませんかという話があり、5回にわたる取材をしていただくことになりました。エールズTVは、“ほんの小さな応援でも、みんなですれば巨大な山が動く。日本をまるごと応援する、ソーシャルTV局”、というキャッチフレーズでこの春にスタートしたインターネットTVです。 “世の中の常識を打ち破り、人や社会をワクワクさせることを行なっている『冒険者』たちのモノガタリには、日本を元気にするヒントがある!”という趣旨の企画ということです。すでに5回分の収録・放映は、完了していて、その動画をご覧いただくことができます。Facebookやアメーバブログ(http://ameblo.jp/teiko-hime/)などで紹介したところ、いろいろな反響をいただきました。本ニューズレターの読者の方からもご意見をいただければ幸いです。
テーマ 放送日 動画
業界トップクラスの地位を確立するビジネスは、
たった1人の女性から始まった!
6月9日 http://youtu.be/b-RUYdIXDao
逆境を乗り越え続けた10年間の軌跡を紐解く 6月10日 http://youtu.be/b-RUYdIXDao
女性必見♪欲張りに生きる女性経営者STYLE 6月16日 http://youtu.be/HwiPZUgG8Ds
10年の経験を経て、今未来へ贈るメッセージ 6月17日 http://youtu.be/e2hkd58NUq0
まかない編 6月24日 http://youtu.be/6NFV181a3aE

 

インタビューアの安田裕紀、疋田正憲、本多弘樹の3氏(左から)

10周年記念特別企画としてこの他、創業からの物語を連載電子漫画として発表する(Joe'sニューズレ ター7月号で紹介します)

 

 

 

 

 

 

 

 

[4] インプレスビジネスメディアが2度目の取材でJoe’s@銀座を訪問

インプレスビジネスメディアの宮奈徹さん(営業)、木村慎治さん(ライター)、狐塚淳さん(フリーのライター)、カメラマンの方が5月18日(金)に取材にお見えになりました。

前号のVPSの記事は、かなりの反響があった。

インプレスビジネスメディアは事務所が市ヶ谷にあって、会場のJoe’sビジネスセンター銀座(銀座一丁目)には、乗り換えなしでこれるということです。今年の1月26日にも来て頂き、VPS(virtual private server)
の内容を記事にしていただきました。
今回は、プライベートクラウドについて、特にクラウドコンピューティングEXPOでの様子などについて、やり取りさせて頂きました。

左からフリーライターの狐塚さん、インプレスビジネスメディアの木村さん(ライター)、宮奈さん(営業)。

 

今回盛り上がったのは、Xeon 6コアサーバーによるプライベートクラウド(http://www.joes-vps.com)が、49,350円という低価格でどうして提供できるのかということです。実は、日本のクラウドの業界でも大変注目されていて、クラウドコンピューティングEXPOでも多くの方が商談に見えられました。この質問は簡潔に答えました。

・技術力が高いゆえに高価なサポート費用を請求しない

・最新のマザーを積んだsupermicro製サーバーを輸入して提供している

  • ・社内業務の徹底的な効率化
  • などをあげました。

 

最初は緊張していたが、リラックスして対応する鈴木禎子社長と山本政秀CT

 

 

木村さんは、ニコニコしながらスムーズに質問されてくるのに対し、狐塚さんはどちらかと言えば、いぶし銀の一匹狼という感じで、木村さんの合間に質問されていました。

カメラマンの方も、1枚の写真を載せるために何回もシャッターを押していました。

 

 

 

 

前回も、社長の表情がとても印象的に撮れていて、プロはまったく違うんだと実感しました。うまくいけば、この内容は、インプレスビジネスメディアのクラウド&サーバーホスティング完全ガイド(2012年5月31日号)、IT-Leaders (2012年6月29日号)に掲載されるということです。

カメラマンが、会話の中で表情の動きをみて、シャッターをおしていた。鈴木社長が綺麗にとれている(前号)。

 

 

東日本大震災の被害にあわれました皆様へ

3月11日の三陸沖を震源とした、東日本大震災により、犠牲になられた皆様、そのご遺族の皆様、被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。この地震による被災者の救済および被災地の復興のため、弊社では、少額ではございますが、金100万円を義援金として、日本赤十字社を通して寄付させていただきました。被災された皆様、救援支援活動、災害対策にご尽力されている皆様のお役に立てればと思っています。

皆様、新年おめでとうございます。

18年ぶりに訪れた、フロリダ最南端キーウェスト(2011年1月4日)。

新年、おめでとうございます。今年は、仮想化をめぐって、レンタルサーバー業界も大きく変革していくものと思われます。皆様のご期待に沿うよう、一層励んでいく所存でございます。

今年の正月は、米国のフロリダ州で新しい発見をしてきました。ジュゴンの親戚といわれる人魚マナティーとの出会い、ボストンRedSoxのキャンプ地フォートマイアーズでのエジソンの冬の家の訪問、キーウェストへの18年ぶりの訪問などです。昨年にもまして、積極的に動いていきたいと思っています。

本年もよろしくお願いします。