中小企業こそSNSを上手に活用しよう!

中小企業こそSNSを上手に活用しよう!

近年、TwitterやFacebook、Instagramなどのソーシャルメディアを企業のマーケティングで活用するのはごく一般的となりました。しかし、アカウントは作ったものの上手く活用できずにいる企業も多いのではないでしょうか?

 

今回は中小企業のためのSNS活用術をご紹介致します。

 

SNSとは

そもそもSNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、人と人との社会的な繋がりを維持・促進する様々な機能を提供する会員制のオンラインサービスです。日本ではTwitterやFacebook、Instagramなどがよく知られています。

 

ソーシャルメディアとは

ソーシャルメディアとは、情報の発信者と受信者が繋がっているメディアです。また、情報の受信者は受け取り手であり情報の送り手(発信者)でもあります。ソーシャルメディアには、ブログやYoutube、SNSなどがあり、その中でもSNSはよりコミュニケーション要素が強いものだといえます。

 

中小企業こそSNSを活用すべき理由

SNSの運用は手間がかかるし、そもそも発信する情報が思い当たらないなどの理由で、「活用すべきかどうか?」と悩んでいる方もいると思います。しかし、人的リソースや資本の少ない中小企業こそSNSを上手く活用するべきです。

 

SNSは個人で利用することを前提としているため、企業が活用する場合、膨大な個人と繋がることができます。企業が狙いたい的確なターゲット層と繋がることができれば潜在見込客や顧客との新たな接点となり、直接販売や営業を行う機会が増えるということです。受信者へダイレクトにメッセージを発信し、ビジュアルで訴えることができるので、非常に強い訴求力を持ったツールといえます。

 

また、以前は多額の予算をかけて大々的なキャンペーンを行い、商品・サービスの拡販を図っていましたが、SNSは無料でアカウントを開設できるので、アイデアと工夫次第で、従来のマーケティング活動費よりもコスト効率がよくなります。

 

SNS活用術

では、具体的にSNSをどのように活用すればいいのでしょうか。

 

SNSを始めることは非常に容易ですが、いくらSNSであっても、コンセプトが何もなければ、情報は拡散されず誰も受信しようとしません。SNSも企業活動である以上、しっかりとした戦略を練った上で進めていかなければなりません。

 

ここではメジャーなSNSの特長と活用方法をご紹介致します。

 

Twitter
Twitterは主要SNSの中では「拡散力」に一番優れたSNSです。Twitterの「リツイート機能」により友達登録(フォロー)してくれた人という枠を飛び越え、情報を拡散することができます。一人でも多くの人に情報を流したい時に最適なツールといえます。ただし、140文字という文字制限があるため、商品やサービスの内容を詳細に伝えることには、あまり向いていません。ハッシュタグ(#)を活用し、短文でも印象に残る文章を投稿しましょう。

 

Facebook
Facebookの特長はなんといっても実名登録が基本だという点です。Facebook上で友達になっている人は実世界でつながりのある人が多く、投稿内容もそうした人々への近況報告として使われる傾向があります。そのため、Facebookで「いいね!」(拡散)してもらうには、「いいこと聞いたな」「へーそうなんだ!」と思わず誰かにシェアしたくなる投稿がお勧めです。あからさまな宣伝ばかりの内容を投稿してしまうと、「いいね!」してもらえないケースが発生してしまいますので注意が必要です。

 

Instagram
Instagramは写真に特化したSNSで、他のSNSとは一線を画す存在です。通常の集客、販促の場合、「ユーザーにメリットがあるか」、「興味を持たせることができるか」が重要になってきますが、Instagramはそのアカウント内で「店舗・企業・ブランドの世界観を打ち出せるか」が、集客効果を発揮する決め手となります。そのため、ビジュアルで興味を惹くことが難しい商品やサービスの場合は、あまり相性が良くないSNSでもあります。

 

まとめ

SNSは新しい顧客の獲得や、既存顧客との繋がりを強めるマーケティングの強い味方です。大企業に人的リソースや資本で劣る中小企業にとっても参入は難しくなく、上手く行けば一気に自社の商品やサービスを広めることができます。積極的なSNSの活用をお勧め致します。