アドフラウド(広告詐欺)って・・・?

アドフラウド(広告詐欺)って・・・?

アドフラウドとは

アドフラウドとは不正な行為やプログラムによって、Web広告の費用に対する成約数や広告効果などを水増し、偽装するWeb広告詐欺のことを意味します。アドフラウドの被害にあうと、広告の費用に見合わない費用を騙し取られるなどの恐れがあります。

アドフラウドについて学び、被害から身を守るため、この記事ではアドフラウドの具体的な手法をいくつかご紹介いたします。

アドフラウドの手法

不正プログラムや人的不正行為による水増し

不正なプログラムを使いWeb広告の表示を何度も自動的にリロードすることで、無効なインプレッションやクリックが行われ、Web広告の表示回数を水増しする手法です。ページ自体をリロードする場合もあります。なお、人間の手でバナーのクリックやページリロードを繰り返し起こす組織も存在しています。

過度な広告の積み重ね

本来1つしかWeb広告を表示できない広告枠のエリアに複数のWeb広告を重ね、実際には個々の広告がちゃんと見られない状態を作り出す手法や、1×1ピクセルの枠をいくつも作ったりし、Web広告システム上は表示されていることになって課金されるが、実際にユーザーには見えない形で複数のWeb広告を配信し広告費用を騙し取る手法もあります。

マルウェア(ウイルス)などによる個人端末の乗っ取り

マルウェア(ウイルス)などを使って一般ユーザーのPCなどに侵入し、自動的にブラウザを立ち上げてWeb広告を表示する手法です。画面上ではブラウザが立ち上がっていないよう見える状態でも通信を行う場合もあります。

まとめ

インターネットを介する詐欺の手口は日々複雑かつ巧みになっています。自分たちが出したWeb広告をアドフラウドから守るには、対策をしっかりと行っている透明性の高いWeb広告配信サービスを利用しましょう。