初めてでもわかる!SEOの基礎の基礎

初めてでもわかる!SEOの基礎の基礎

「SEO」という言葉を耳にしたことはありませんでしょうか?
言葉は知っていてもその内容については意外と知られていません。
今回は「初めてでもわかる!SEOの基礎の基礎」と題して、SEOの内容や基本的な施策について解説します。

 

SEO対策とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」を意味する言葉です。
特定キーワードの検索結果で、Webサイトをより高い順位に表示させるために行う一連の取り組みのことを指します。

 

なぜSEO対策が重要なのか?

Webサイトの訪問者の大半は、GoogleやYahooなどの検索エンジンサイトで、何らかのキーワードを検索した結果としてWebサイトを訪れます。

 

検索結果でより高い順位にWebサイトが表示されるほどアクセス数は増え、ネットショップやアフィリエイトなどWebサイトを活用したサービスで収益を得る場合、アクセス数は収益に比例します。SEO対策はアクセス数を増加させるために非常に重要であることがわかります。

 

「内部施策」と「外部施策」

検索結果の表示順位は、検索エンジンサイトを運営する企業が独自に決めています。
基本的には「より良いWebサイトを上位に表示する」ことが前提となるので、検索エンジンから「より良いWebサイトと認識されるための施策」が、SEO対策であると言えます。

 

この施策には「内部施策」と「外部施策」が存在します。

 

「内部施策」とは、Webサイトを良いWebページで構成することで、良質な情報とコンテンツを発信し、検索エンジンにより良いWebサイトであると認識してもらうことを指します。

 

「外部施策」とは、外部から良いWebサイトであると見なされることで、他サイトからリンクを貼り付けてもらったり、SNSの拡散やニュースサイトに載せてもらうことを指します。

 

この2種の施策を行うことが「SEO対策」であると言えます。

 

まとめ

SEO対策は本やWebから知識を学ぶことも重要ですが、まずはやってみることが大切であると私は考えています。
細かいテクニックを学ぶよりも、良質な情報とコンテンツを発信し、訪問者の満足度を上げるための試行錯誤を行えば、検索エンジンの評価もおのずと上がるのではないでしょうか。