SSH接続には鍵認証を利用しよう

SSH接続には鍵認証を利用しよう

VPSやクラウド環境などを利用する際に、SSH接続を使用することがあります。SSHはサーバーにリモート接続するためのプロトコルですが、一般的に利用されるパスワード認証ではOSのユーザ情報を利用するためセキュリティ的に十分とはいい難い状態です。

SSH認証の種類

パスワード認証方式

OSのユーザ情報を利用して接続を行うため、簡単にリモート接続を開始できます。暗号化されている環境ではありますが実際にパスワードを入力するため、パスワードが盗み取られる可能性は0ではありません。また、パスワードを不正に入手された場合、不正利用されることとなります。

公開鍵認証

パスワードを入力する事がないため、パスワード認証方式よりも安全です。しかし、接続する端末に鍵を配布する必要があるためパスワード認証方式に比べ導入に手間がかかります。

公開鍵認証の鍵作成、接続方法は下記をご参照ください。

SSH公開鍵認証を実装する:Qiita

Joe’sでは公開鍵認証をお勧めします。

Joe’sのVPSではサーバーお渡し時に、SSHの設定を変更しており、パスワード認証を無効化し、秘密鍵とセットで納品しております。

また、専用サーバー、共用サーバーではコントロールパネルより簡単に鍵の作成、登録が行えます。cPanelでの操作は下記の流れとなります。

1. cPanelのメニューからSSHアクセスをクリックする。

2. 新しいキーの作成をクリックする。

3. KeyName、パスワードなどを入力する。

4. 公開鍵の管理をクリックし、「Authorize」をクリックしてサーバーに鍵を登録する。

5. 秘密鍵を利用する端末にダウンロードする。

以上で鍵の作成、登録は完了です。

SSH公開鍵認証を利用して、安全にSSH接続しましょう。

▼サポートセンター▼
https://support.joeswebhosting.net/
▼お電話▼
0120-087-388
受付時間 10:00~17:30 (平日)