10月にリリース予定のGoogle Chrome 62でますます必要になるSSL証明書

10月にリリース予定のGoogle Chrome 62でますます必要になるSSL証明書

Google Chromeをお使いの方は、アドレスバーに「保護されていません」というセキュリティ警告が表示されているのを見たことがあるのではないでしょうか。この表示は、2017年1月リリースのChrome 56以降、パスワードやクレジットカード情報の入力を求める箇所があるウェブサイトが、HTTPSに対応していない場合に表示されているものです。
 
Google社は、2017年10月リリース予定のChrome 62で、セキュリティ警告を強化すると発表しています。
 

Google Chrome 62で変わること

 
具体的には下記の場合にセキュリティ警告が表示されると発表しています。
 
・テキストボックス等、入力欄のあるHTTP接続のみ対応のウェブサイトを表示した場合
・シークレットモードでHTTP接続のすべてのウェブサイトを表示した場合
 

SSL証明書を導入しよう

 
2017年10月まで約1か月しかありません。「私のウェブサイトは、パスワードもクレジットカード情報も入力しないので、まだ関係ないわ。」とSSL証明書の導入を先延ばしにしている方、導入を検討しているがどれを選んでいいかわからないと迷われている方、改めてSSL証明書について考えてみませんか?
 
弊社では、即日発行可能で安価なドメイン認証タイプの証明書から、セキュリティ警告が表示される箇所に社名を表示させることのできるEV認証タイプのものまで、6ブランド22プランを取り扱っております。あなたに最適なプランをご提案させていただきますので、お気軽に弊社までご相談ください。
 
関連記事
サイト訪問者に信頼されるSSL証明書の選び方
常時SSL化はお済みですか?

 
Joe’s SSL市場
https://www.joes-ssl.com/
▼サポートセンター▼
https://support.joeswebhosting.net/
▼お電話▼
0120-087-388
受付時間 10:00~17:30 (平日)