サイト訪問者に信頼されるSSL証明書の選び方

サイト訪問者に信頼されるSSL証明書の選び方

Webサイトのセキュリティを高めるSSL証明書の世界では、サイト全体をSSL化する「常時SSL」が今の主流となっています。また、従来であれば有償のものしか選択肢がありませんでしたが、「Let’s Encrypt」といった無償のSSL証明書を利用している人も増えています。無償のSSL証明書は、ドメイン認証タイプのSSL証明書で自動発行が可能ということから、SSLの普及に役立っています。

一方でドメイン認証タイプのSSL証明書は、フィッシングサイトのような悪意のあるサイトでも、簡単に利用できてしまう可能性があります。フィッシングとは、金融機関 (銀行やクレジットカード会社) などを装った電子メールを送り、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です。電子メールのリンクから偽サイト (フィッシングサイト) に誘導し、そこで個人情報を入力させる手口が一般的に使われています。(※フィッシング対策協議会より引用)

SSL証明書の役割は、

・インターネット上のデータ通信を暗号化すること
・サイトを運営している組織の身元を証明すること

ですが、多くの人は、前者の「通信の暗号化」のみが役割と考えて、アドレスバーにある鍵マークやセキュリティの表示を確認し、安全なサイトだと思いがちです。今はまだ、SSL証明書の詳しい知識を持っている人は一般的に多くなく、SSL証明書の認証方法の違いを把握している人も少ないので、ビジネス上で実在認証やEV認証を使うメリットはそんなに大きくないと思うかもしれません。しかし、SSLの重要性は日々高まってきています。この先も同じ状況とは限りません。本当にお客様を安心させることのできるSSL証明書は何なのか、ということ考え、SSL証明書を選ぶとよいかもしれません。

Joe’s SSL市場では、実在認証やEV認証といった、「実在認証」の機能を備えた、信頼性の高いSSL証明書を取り扱っています。SSL証明書についてご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。弊社のコンサルタントが最適なSSL証明書をご提案させていただきます。

▼サポートセンター▼
https://support.joeswebhosting.net/
▼お電話▼
0120-087-388
受付時間 10:00~17:30 (平日)