社内行事

[3]Joe’sの春は、Moodleで始まる

研修といえば、全員が会議室に集まるというようなイメージがあるが


Joe’sの春は、Moodleで始まると言っても過言ではありません。新入社員が、サーバーやSSL証明書について、大学の講義のようなコースを受講して、知識を習得します(マナーや電話応対など、オンザジョブの研修もありますが)。
 
Moodleを使うと、教師が教材を配布したり、課題を集めたり、採点したり、成績をつけたりするところを、インターネットを利用して管理できます。 Joe’sでも新人研修で、Moodleでスライドとそれに対応した音声を聞いて、基礎知識を得ます。各学生(新人)が何度でも聞いてよく、また、課題もサイト内におかれていてオンラインで提出します。教師(研修担当)もその課題をオンラインで採点します。
 

Moodleでできない研修は、オフィスでのオン・ザ・ジョブになる


教師も学生も、早起きして業務開始前に会議室に集まって研修をするよりは、この方がずっと効率的だと感じています。ただ、個別指導ですから、教師は課題で提出された回答を読んでチェックし、最後のテストも(オンラインで)採点しないといけません。Moodleによる研修は原則自宅で行っていますが、教師からはアクセス状況が見え、学生の頑張っている様子が想像できます。
 
 

オーストラリアにあるMoodleの本部に訪れた、Joe's鈴木禎子代表


 
現在は、SSL証明書の単元に取り組んでいます。昨年までは2010年問題に関する内容が含まれていましたが、今年は脆弱性問題で有名になった OpenSSLの内容に変更しています。毎年同じで使いまわすというのではなく、改定がなされてよいものへと進化していきます。
 
Joe’sのMoodleの教材は、至って簡単なものです。以前に使っていたスライドに音声をつけたものと、それに対しての課題10問程度、模擬試験問題集からなります。教材を新規に作成するには時間がかかりますが、研修の教材の蓄積があれば、それをファイルの形にすれば何とか始められます。そして、社内に熱意のある教師がいることが必須となります。
 

現在行われているSSL証明書の単元。2010年問題は、OpenSSLに改定される予定だ。


Joe’sでは、社外向けのサービスとしても、Moodleがインストールされたサーバーを1年間無償で提供したり(LMS標準サーバ 入門プラン)、Moodleの勉強会に会場を無償で提供したり、Moodleのイベントに協賛するなど、Moodleの普及に努めています。

Joe’sのLMS標準サーバでは、現在お申込みになりますと、最新版の2.6.2がご利用になれます。2.5と2.6で機能的に大きな差異はありません。パスワードのリセット、テキストエディタ、 モバイル機器での操作性などの利便性の向上、Microsoft Onedrive(オンラインストレージ)との連携。教師の側では、コース作成エディタの改良、ダウンロードせずにPDFに注釈がつけられる、提出手続きの自動化、採点者名の割当、フォーラム・クイズ・SCORMの改良と、項目は多いですが、いずれもインターフェイスを中心とした小幅な改良にとどまってい ます。
 

Moodleがすぐに使える、LMS標準サーバー。入門プラン(無料)は、人気が高い。


Joe’sでは、読者の皆さんにMoodleの導入をおすすめします。LMS標準サーバ のうち1年間無料の入門プランで準備を進め、次回の研修ではLMS標準サーバ 標準プラン(月額1,575円)でかっこよくデビューして下さい。読者の皆さんの職場でも、Moodleで優れた人材を育てることを祈ってやみません。

[4]今年2度目のインド研修合宿、アブノーマルな事態が勃発

Joe’s では、2013年4月に引き続き、11月2日から6日まで、インドに研修旅行に行って来ました。ベンガルール(バンガロール)というIT産業の中心地に、海外サービス向けのサーバー管理やマーケッティングの業務に携わるスタッフがいて、技術研修や相互理解を深めるためディスカッションを行ってきました。一度に全員は行けないので、数人ずつ何回かにわけて現地に派遣しています。
 
Joe’sの新拠点ベンガルール:インドのシリコンバレー (2013年5月号)

インドの一般的な都市では、徒歩、自転車、バイク、リクシャ、自動車が 入り乱れている。路肩や中央分離帯には牛がいて、道が空いていれば命がけで追い越しをする。


米国のシリコンバレーの多くのIT企業が、ソフトウェアのオフショア開発(人件費が低い)や24時間体制(時差が12時間前後)の英語にサポートのため に、ベンガルールにスタッフをおいています。Joe’sでは、契約データセンターのあるシリコンバレーにも定期的に(1年に1回程度)人材を派遣しています。そのような、表と裏のシリコンバレーに行き来する他、海外他社との取引のために、たとえば定期的に団体でTOEICを受験するなど、スタッフの英語力を伸ばすことに力を入れています。

ガンジス河を船で渡るスタッフ


 
 
 
 
インド人の英語は、インド人同士では聞き取れても、アクセントや言い回しの速さが違うので、英語ができる人でも苦労します。ブレインストーミングや真っ向からの議論では、一度日本語で考えたものを英語にしていたのでは会話についていけません。ホテルに帰って、そこはそういう風に言えばよかったと思い起こし、英語で口を動かしていて、そのまま寝ていると、夢が全部英語になっていたりします。毎日チャットで会話していて、相手の性格や技術レベルを把握していても、顔を見ながら話をしていると、思い込みや誤解が解けたりします。

現地スタッフの指導(Joe's 増本)


今回参加したスタッフは、インドが初めての人が多く、前回同様、タージマハールやガンジス河に視察に行きました。同じインドでも、ベンガルールとはかなりギャップがありました。インドの普通の都市では、道路に牛が寝そべっていたり、2車線の道で対向車が来ても追い越しをやめず、車が4台横に並んだりします。今回、何人かのスタッフが腹痛になりましたが、丁度、最終日にアユルベーダに行く機会があり、マッサージではなく、ひたいにオイルを落とす技術(シローダラー)をしてもらったら、完全に回復しました。インドでは、アユルベーダは医学であって、そのパーラーは、エステではなく、病院と書いてありました。

現地スタッフが用意してくれたウェルカムパーティー


今回は、アカウントの即時発行などを含むシステムの改善、2015年1月から開始する新サービス、サイトの改善になど関する検討などが検討課題でした。サービスとして提供するものは、かなりインパクトのあるもので、近い将来公表する予定です。今回得られた成果から、サービスでの品質向上、性能向上について、皆様に還元していきたいと考えています。

シローダラーといって、ひたいにオイルを落とすアユルベーダの技術

[3]TOEIC団体受験のすすめ

リスニング、リーディングともマークシート、合計2時間で行われる。


英語ができないと、昇進できないとか、海外出張させてもらえないという会社は、大企業を中心として、昔からありました。英検やTOEICのスコアの提出を義務づけたり、団体受験を実施するとかです。それどころか、最近では、楽天のように、社内の公用語が英語という会社も出てきました。
 

Joe’sでは、10月4日(金)にJoe’sのサーバー部門のスタッフ全員(社長、役員を含む)で、TOEICの団体受験をしました。8月の夏期休暇の前に、9月末に実施するという社内のアナウンスがありました。
 
TOEICは、一般受験の場合、年に10回程度しか実施されておらず、40日前に申し込み、結果も1ヶ月以上たってから郵送されます。したがって、受験しようと思ってもスコアを提出するタイミングがあわなかったり、手続きが面倒であったりします。しかし、会社で団体受験する場合、企業情報を一度登録しておくと、それ以降は、実施の20日程度前にオンラインで日時を指定すれば、試験当日の数日前には試験問題が郵送されてきます。しかも、受験して2週間で結果が、その会社のTOEIC担当者に戻ってきます。サイクルが短い(半分)こと、会社の都合のよい日時を指定でき、社内で実施できることがメリットです。

大阪会場(Joe'sビジネス・センター梅田)


 
Joe’sでは、以前からそうでしたが、英語力を必要とする業務が少なからずあります。サーバー管理やSSL証明書の業務では、海外のベンダーとチャットやメールでやりとりすることが多く、また国内向けのサービスのサポートでも、チャット画面で英語で問い合わせてくる方が2割程度います。
 
10月15日(火)に、担当者から各人に証書(スコアとその内訳が記載されたもの)が渡されました。団体受験の場合、会社の上層部にスコアがわかってしまいます(個人受験なら、良かった時だけ、スコアを知らせるという手もあるでしょうが)。

 

各人に手渡しされたスコアの記載された証書

今回の団体受験は、初めてでしたが、会社として多くの情報を得ることができました。まず、「英語が必要である」ということを社内に周知させることができました。また、上層部から見ると、各人の英語のスキルを把握できるので、配置や評価に使うことができます。
 

また、受験したスタッフからは、スコア返却時の面接に、「英語力をのばすきっかけになる」とか、ポジティブな意見が多くだされました。日本人だと、留学でもしない限り、英語を自分で勉強することはあまりないように思われます。「TOEICのスコアが会社に知れる」というネガティブな考えもあるかもしれませんが、結果として、業務でも日常生活でも、英語力をのばす習慣ができるように思われます。英語力は、会社ではなく、各個人の財産であるという自覚が必要ではないでしょうか。

社内の全受験者のスコアの一覧表(の上の部分)


 
Joe’sでのTOEIC受験は、次回は来年1月下旬に予定されています。真の国際企業を目指していきたいと考えています。

[1] ISMS取得までの道のり

認証書を手にする鈴木禎子代表とプロジェクト責任者の緒方取締役

Joe’sのISMS認証取得プロジェクトのスタートは、約1年前にさかのぼります。当時、社内の管理体制強化の必要性を感じていた鈴木禎子代表は、様々な手法を検討する中で、ISMSの存在を知りました。ISMSを調べていく中で、当社の同業者や当社が利用しているデータセンター事業者でも取得されていることが分かり、管理体制の強化を行うだけでなく、認証取得事業者としてサービスの信頼性をアピールすることもできる、有効な方法であると考えました。

 

ISMSの取得にあたっては、鈴木禎子代表の他、最高情報責任者(CIO)に就任したばかりの緒方俊輔取締役がプロジェクト責任者を担当しました。また、特にISMSの取得要件として必須とされているわけではありませんが、初めての認証取得ということもあり、LRM株式会社( http://www.lrm.jp/ )の認証コンサルティングを受けてスタートすることになりました。

 

ISMSの認証書。苦労したからこそ喜びもひとしお

コンサルティングでは、ISMS認証取得は必ずしも難しいものではないことが分かりました。ただし、何かマニュアルの様なものがあってその通りにやれば取得できる、といった単純なものではなく、マネジメントをどの様にやるかはあくまで認証を取得する事業者が考えるものであり、当然ながら認証取得後の業務フローに深く関わってくるものであることから、ややもすれば、「認証の取得」が目的になってしまいがちではありますが、それではISMSの意義の大半が失われてしまうと考え、コンサルタントへの質問を繰り返しながら如何にうまく自社に適合させていくかを検討していきました。

 

ISMSの認証取得プロセス。一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のサイトより引用

 

先ほど「マネジメント方法は取得側が考える」ということを書きましたが、そうは言っても規格の定義であったり、過去の取得事例などから、セオリーと言える様な内容も沢山あります。分かりやすいものとして情報システムのパスワード管理を例にすると、

 

・PCには必ずパスワードをかける(これは当たり前ですが…)
・パスワードは*ヶ月ごとに変更する
・パスワードには半角英数大小文字を使い、ランダムで8文字以上にする

 

といったものです。これらのセオリーを参考にしながら、自社ではどの様な基準にするか、セオリーにあたるもので現時点で実施できていないことがないか、といったことを一つ一つ現状分析・方式検討する作業を繰り返しました。ISMS認証の取得作業のほとんどは、このフェーズの作業でしたが、Joe’sでも、効率を重視するあまりISMSの基準では不十分な管理方法になっている箇所もあり、具体的に様々な改善を行うことができました。

コンサルティングを担当したLRM株式会社のサイト「iso27001.jp」

 

最終的に、自社の「マネジメントシステム管理マニュアル」の作成が完了し、それを基にした社内システムの再構築による業務フローの刷新を行った後、認証審査を受け、無事に認証取得が完了しました。

 

ISMSの認証取得を契機に、社内にも業務フローの改善サイクルが生まれ、徐々に具体的な効果が出てきています。その効果を自社のサービス運営改善に繋げ、ユーザー様が安心してサービスをご利用いただくことができる様、これからも取り組みを続けていきたいと考えています。

[1] Joe’sの新拠点ベンガルール:インドのシリコンバレー

joes-cloud.com(joes-vps.comの海外向けサービス)

 

4月末の連休の前半に、Joe’sのスタッフ3名が、Joe’sの海外拠点のあるインドのベンガルール(旧名称 バンガロール)を訪問しました。ベンガルールは、ニューデリー、ムンバイにつぐインド第3の都市で、人口は約840万人います。

 

日本人の感覚で言えば、「インドらしくないインド」という言葉があてはまるかもしれません。Joe’sが以前に拠点にしていたケララ州コーチン(過去2回訪問)や、首都ニューデリーなどでは、車線を守らない車がほとんどで、2車線で対向車が来ても追い越します(日本では考えられないようなジグザグ運転をしています)。また、ヒンズーでは神とされる牛が道路で寝ていたりします。ベンガルールではそういうことがほとんどなく、町が整備され、近代化されています。インドが独立してから、重工業、航空、宇宙、防衛関係の施設がたくさんでき、現在はIT産業の中心(インドのシリコンバレー)とされています。

 

Joe's池原の現地技術者向けレクチャー

Joe’sの現地責任者の話では、ベンガルールは、特に技術者は州外から来る人が多いということです。例えば、インドでは平均で月給25,000円程度の給料になります。ベンガルールだと物価も高いですが、月給40,000円程度になります。実力のある人、自信のある人が集まってくるということです。インドは、高校や大学などでは英語で講義が行われますが、日常生活では、ヒンズー語と各州で異なる現地語が使われます。ベンガルールでは、色々な州から来ているので、職場でも英語が普通に使われます。

 

ウェルカムパーティー

 
 

4月29日、30日の両日にミーティングと研修を行いました。前回(2011年9月)同様、技術スタッフの研修は、池原がリーダーシップをとって行いました。普段から、Skypeや電話で毎日一緒に仕事をしているので、技術面よりも交流の方が重要であるように思えました。29日の夜、Joe’sスタッフのウェルカムパーティーで、近くのレストランに食事に行きました。インドでは、ヒンズーでは飲まない人が多く、今回も現地スタッフでは、1名(クリスチャン)を除いて飲んでいませんでした。

 

インドの料理は、ベジタリアンとノンベジタリアンにわかれる。意外かもしれないが、マカロニがベジタリアン料理のメニューによく含まれている

 

30日の午前に、今後の海外市場での戦略について、ビジネスの担当者と話をしました。ホスティングやクラウドに限らず、SEO、リスティング広告、ブランディング、サポート、SNSの利用など、Webマーケティングの基本は、日本でも英語圏でも同じであるという認識を持ちました。ただ、それぞれの目的を最適化する手法として、日本には無いものがたくさんあるように思えました。現行サイト(http://www.joes-cloud.com)を2013年6月末までに改訂し、マーケティングに関しても世界の情勢を見ながら、進めていくことになりました。

 

ベンガルールは、軍事、航空、重工業などが昔から盛んであった

 
 

海外向けサービスを伸ばしていく中で、国内のサービス(http://www.joes-vps.com)についても、改善のヒントになるものもたくさん出てくるものと思われます。今回のインド訪問で得られた経験を、皆様に提供する今後のサービスの中で生かしていきたいと考えています。

 

州議事堂(ベンガルールはカンナダ州の州都)

入社式と歓迎会: ローリーズで300gのプライムリブにチャレンジ

入社式は、大阪本社での開催であったので、東京からはテレビ会議での出席でした

4月7日(木)に入社式と、入社歓迎会(大阪)を行いました。今年の入社は新卒女子4名で、技術系2名、事務系2名、事業所別では大阪3名、東京1名の入社になりました。

9:10-10:10に入社式が行われました。祝辞の後、新人4名には、パワーポイントで3分の自己紹介をしてもらいました。卒論などでプレゼンは鍛えられているらしく、シンプルでわかりやすい発表が多かったという印象です。

鈴木禎子社長と大阪の新人3名

その夜に歓迎会で、大阪梅田ハービスにあるローリーズにプライムリブを食べに行きました。男性社員と大阪の新入社員は300gを、私を含めて女子社員は140gを完食しました。東京の歓迎会は、ローリーズ赤坂店で4/13(水)に行われます。

シリコンバレーデータセンターでサーバーの整備

4/2(土)から4/5(火)まで、California州FremontにあるHurricane Electricsというデータセンターに行ってきました。普段はデータセンター(DC)のスタッフに再起動やディスクやメモリの入れ替えなどを依頼していますが、この他に年に2回ぐらい現地に赴いて、サーバーの整備をしてきます。

Facebookの本社前、Stanford大学やXeroxの研究所に近い

以前と比較して、DCに行かなくてもほとんどの作業ができるのですが、実物のマシンを見て熱や音などをチェックしたり、DCの経営者や技術者と話をして交流を深めたりします。古いマシン20台を廃棄しました。

 

Napa ValleyのOpus One。高級ワインで有名だ。Joe'sの緒方と鈴木拓人

この他に何と言っても、このあたりは、視察するところがたくさんあります。今回は、FacebookやEvernoteの本社を見てきました。現地の行くだけで刺激があり、海外進出の夢や欲望が沸き起こってきます。Joe’sでも、ごく近い将来に、米国でのクラウドのサービスを提供します。

 

CSRはどのように署名されて証明書となるのか: 4月を前に厳しい研修が始まる

2011年4月から、Joe’sでは新卒者4名(東京1,大阪3,事務系2,技術系2)が勤務します。今回は全員が女性です。
内定した4名は、4月の入社をまたずに、研修のためのアルバイトという形で勤務しています。

3/8(火)に行われたSSL証明書の研修では、大阪の2名(技術1,事務1)の営業の坂本で、早速情報セキュリティの理論を勉強しました。

  • SSL通信プロトコル
  • 公開鍵暗号の原理、共通鍵暗号との用途の相違
  • 暗号化と認証が逆の操作であること、
  • 認証局の署名とブラウザによる署名の確認動作
  • ハッシュ関数の役割
  • 認証局の階層関係

大学の情報科学科でもこんなに詳しくは勉強しなかった、ということでした。

Joe’s iPhone補助制度

iPhoneアプリからみると、evernoteの見え方が違うのでひらめくことがあります

現在、evernoteとiPhoneを用いて、社内業務の合理化をすすめています。先日から、事務系正社員、バーチャル正社員を対象として、社内でiPhoneおよびWimaxについて、全額もしくは一部を支給するという制度をはじめました。社内業務の効率化、クラウド化の促進、各従業員のIT, クラウドに関するスキルの向上などを目的としています。

evernoteは、グループウェア的に利用しています。報告や連絡などしなくても、進捗が見渡せます。サポートも格段に正確で迅速なものになっていると思います。また、ToDoを書き加えてから作業に取り組むようにしています。そうすると、なぜか仕事の速さが違います。

皆様の今年のビジネスのご発展を、えべっさんで祈願してきました

今宮戎神社で、新しい笹をいただいてきました

大阪は商人の町です。1月10日は、十日戎(とおかえびす)といって、今年も商売がうまくいくよう、神社にお参りに行きます。関西では、西宮にも戎様(大阪では、えべっさんと呼ぶことが多い)を祭っている大きな神社がありますが、大阪では今宮と堀川の戎神社が大きいようです。

弊社では、私(鈴木禎子)または代理の者が、2004年1月から8年連続で、今宮戎にお参りに行っています。弊社だけでなく、レンタルサーバー、SSL証明書、バーチャルオフィスの契約者様の今年のビジネスの成功を祈願しています。

きれいな福娘さんを探せないくらい、今宮戎神社は混んでいました

戎神社はどこでも、笹を配ったり、「吉兆(きっちょう)」と呼ばれる飾りを
数十人の福娘が人気を集めているようです。特に、きれいな福娘が人気です。
私は今年はあごひげのある仙人のような年配の男性にお願いいたしました。

 1 2 次へ