サービス

新サービス: EC-CUBE標準サーバー ec-cube.org

http://ec-cube.org
Joe’sでは、これまでも、EC-CUBEの普及に寄与してきました。2008年1月にEC-CUBEのホスティングのパートナーになり、同年2月には、EC-CUBEをワンタッチでインストールする機能(当時としては国内初)をレンタルサーバー契約者に提供しています。また、2009年のEC-CUBEカンファレンスでは、ゴールドパートナーとして参画してます。最近では、EC-CUBE 2.11がリリースされたこともあって、上級エンジニア全員がEC-CUBEの開発コミッタになり、また純粋な勉強会と交流会を独自に開催しています(4月28日)。

今回、EC-CUBE 2.11のリリースにともなって、Joe’sではPostgreSQL 9およびMySQL 5.5が標準で利用できる環境を、処理効率のよいXeon 4コア8スレッドサーバーの上に用意しました。上位プランでは、今月リリースした世界最速のVPS(仮想サーバー)を用意しています。

こうしたサーバーの性能や機能はもとより、Joe’sでは、EC-CUBEのサポートの充実を目指しています。レンタルサーバー(他社)のサービスで、サポートの依頼をすると、エンジニアが電話に出ないとか、土日のサポートが無いとか、EC-CUBE開発コミュニティで自己解決してくださいと言われることがあります。Joe’sでは、平日朝8:00-22:00、土日祝日9:00-18:00のEC-CUBE専用ダイアルを用意しています。問題が生じても、電話で確認できるので、 安心です。また、EC-CUBE開発コミュニティのメンバーがサポートをしているので、問題の解決が早いです。

Joe’sでは、EC-CUBEについての便利で安心なサービスを、今後とも引き続き提供していく所存です。

3月号 [4] 計画停電、あなたのサーバー動いてますか

通常、データセンターには自家発電用の設備(UPS)があり、長時間の停電しても電力がサーバに供給されます。ただ、そのエンジンを稼働させるための燃料を確保する必要があります。今回の東日本大震災では、大規模な電力供給不足が生じ、また、重油・ガソリン供給の首都圏供給が少なくなっていることから、データセンターが重油を確保できないという事態に直面しつつあります。

計画停電のスケジュール

現在の備蓄燃料でどれだけの連続稼働ができるかはデータセンターによってまちまちですが、多くのデータセンターでは、最大48時間程度以内しか確保できていないものと思われます。1日数時間の計画停電が1ヶ月以上続き、かつその間で燃料の確保ができないという状況になると、データセンター業務が停止になる可能性が出てきます。

Joe'sのサービスは、計画停電の影響を受けません

Joe’sでは、計画停電にともない稼働を停止するデータセンター契約者、およびレンタルサーバーサービス(他社)の契約者に対して、専用サーバー、VPS、共用サーバーのアカウントを即座に設定しています。その際に、初期設定費用は無料、30日間支払いを猶予しています(専用サーバー、VPSは通常、初期設定費用がかかります。共用サーバーは通常申込後7日以内の支払いとなります)。

 

計画停電でデータセンターは大丈夫でしょうか: Joe’sなら安心です

通常、データセンターには自家発電用の設備があり、これを稼働させることで長時間の停電しても電力をサーバに供給し、サービスが継続して提供されます。しかし、そのエンジンを稼働させるための燃料を確保する必要があります。今回の東日本大震災では、大規模な電力供給不足が生じ、また、重油・ガソリン供給の首都圏供給が少なくなっていることから、データセンターが重油を確保できないという事態に直面しつつあります。

現在の備蓄燃料でどれだけの連続稼働ができるかはデータセンターによってまちまちですが、多くのデータセンターでは、48時間程度以内しか確保できていないものと思われます。1日数時間の停止が1ヶ月以上続き、かつその間で燃料の確保ができないという状況になると、データセンター業務が停止になる可能性が出てきます。

株式会社Joe’sウェブホスティング(本社: 大阪市代表: 鈴木禎子)では、計画停電にともない稼働を停止するデータセンター契約者、およびレンタルサーバーサービス(他社)の契約者に対して、専用サーバー、VPS、共用サーバーのアカウントを即座に設定しています。その際に、初期設定費用は無料、30日間支払いを猶予しています(専用サーバー、VPSは通常、初期設定費用がかかる。共用サーバーは通常申込後7日以内の支払い)。
適用例:
  • 専用サーバープラン16 (Xeon 4コア) フルマネージド(cPanelつき) 初期設定費用147,000円->無料, 月額費用 34,650円, セコム証明書が初年度無料
  • 専用サーバープラン15 (Xeon 4コア) セルフマネージド(cPanelつき) 初期設定費用147,000円->無料, 月額費用 29,400円, セコム証明書が初年度無料
  • VPS プラン1  Plesk付き 初期設定費用 14,000円->無料、月額費用7,000円(年払い70,000円)
また、データセンター(大阪)はもとより、大阪本社および銀座オフィス(中央区)、青山オフィス(港区)は、計画エリア停電の範囲外で、平常通りの営業(電話は、10:00-17:30)をしています。また、上級エンジニアによる電話サポート(平日8:00-22:00、土日祝日9:00-18:00,)も平常通り実施しています。また、今回の事態に備え、設定を急ぐ方のために、上級エンジニアによる電話サポートを契約者以外の方でも受け付けています(3月末まで, 03-4530-6450)。
 前へ 1 2 3 4 5 6