[2]関西オープンフォーラムの懇親会で純米大吟醸「獺祭」が登場

[2]関西オープンフォーラムの懇親会で純米大吟醸「獺祭」が登場

大阪市営地下鉄のコスモスクエアから乗り換えて、ニュートラムでKOFの 会場へ


11月8日(金)、9日(土)に、大阪南港のアジアトレードセンター(ATC)で、恒例の関西オープンフォーラム(KOF)が開催されました。KOFは、中野秀男氏(現大阪市立大学名誉教授)のよびかけで2002年からはじまったイベントで、当時は景気状況がよくなく、大阪にあった大企業の多くが本社を東京に移転するなど、大阪で開催されていたイベントがなくなっていった時代であったということです(実行委員 安田豊氏)。
現在開催されているオープンソースカンファレンス(OSC)も、その第1回のKOFを協賛したびぎねっと(代表: 宮原徹氏)がその精神を引き継いで、オープンソース(OSS)のイベントを全国に広めていったということです。その意味でKOFは、大阪発のOSSイベントの元祖と言っても過言ではありません。Joe’sでも、Joe’sオープンソース推進プロジェクトといって、日頃からOSSのイベントを支援していて、2011年11月から今回まで3回連続で協賛企業として参加しています。

実行委員長の中野先生とJoe's代表の鈴木禎子


 
 
関西オープンフォーラム、ニュートラムに乗れないくらいの盛況ぶり (2012年11月)
 
「悲しい色やね」の大阪南港で、第10回 関西オープンフォーラム (2011年11月)
 
 
 

Joe's 池原による、「CloudStack 4.2でLinux Containerを動かす」の発表


最近は、Joe’sのブースはNetCommons (NC)の隣になることが多いようです。Joe’sは、ユーザ会であるコモンズネットで賛助会員になっていて、NCがすぐに動作する、NetCommonsReady Goldの認証を受けています。また、Netcommons標準サーバーというサービスの中でNCがプレインストールされたサーバーを1年間無償で提供しています。隣のブースでNCの説明を受けた方に「OSSは、使ってみるのが一番」ということをお伝えして、無償サーバーを利用することをおすすめしています。また、今回もKVMのVPSのアカウントを1年間無償で提供していて、多数のお申し込みをいただきました。セミナーでは、Joe’sの池原がOSC東京に引き続き、CloudStack 4.2のLinuxContainer(LXC)が動作する機能に関して、発表しました。
 

ブースの様子。今回も無料VPSで、多くの方がブースに訪れた


KOFには、ブース出展、セミナー(ユーザ企画)の他に、発表者の横からスタッフが補足の質問や(厳しくない)ツッコミを入れるというなにわ流のショー形式の発表(ステージ企画)があります。今年は間に合いませんでしたが、Joe’sでは、将来ステージ企画などにも、チャレンジする計画を立てています。
 
KOFの懇親会は、今年は同じATCの中でも、KOFの会場と同じエリアの中の6階で行われました。ビールをサーバーごと提供する協賛企業の方も毎年いらっしゃいますが、それ以外に日本酒やワインなどがテーブルの上に用意されていました。中野先生が前日購入された、純米大吟醸の獺祭(だっさい)が目立っていました(1本がすぐになくなりました)。

今年の懇親会は、中野先生が純米大吟醸「獺祭」を準備されていた


2014年のKOFは、11月7日(金)、8日(土)にATCで開催されるということです。黄緑のTシャツを着て会場を走り回られたKOFのスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

ユーザ企画(セミナー)やブース以外に、ステージ企画と言って、発表者の 横でKOFスタッフが(打合わせなしで)ツッコミを入れるという、なにわ流のプレ ゼンがある。発表は、Wordbenchの森川琢磨さん