[1] 書籍の出版と増刷で盛り上がるCloudStackユーザ会:3/6に大阪での開催

[1] 書籍の出版と増刷で盛り上がるCloudStackユーザ会:3/6に大阪での開催

CloudStackにはオープンソースのapache版と、Citrix社が提供する有償版がある

 

日本CloudStackユーザは、「日本語による CloudStack に関する情報発信、情報共有を行い、CloudStack の普及および人材育成に貢献する」ことを目的とした(有志の団体)です。

 

 

 

 

 

 

書籍出版で盛り上がる日本CloudStackユーザ会

 

 

 

1月末に「CloudStack徹底入門」の出版を終えた日本CloudStackユーザー会(JCSUG)。2月の連休明けに東京の秋葉原で開かれた遅めの新年会をのぞいてきました。新年会には、出版社(翔泳社)の書籍編集の方や、JCSUGの運営メンバーが参加しました。売れ行きも好調で、発行後2週間で増刷が決定したということです。

 

 

 

 

 

探してみたら、Joe'sの大阪本社の中だけでも、「CloudStack徹底入門」が6冊もあった

 

書籍は、CloudStackの基本的な概念から、導入の流れと操作、応用的な利用方法、さらには開発プロジェクトへの貢献の仕方までを紹介しています。「徹底入門」という表現がふさわしい(CUPA 荒井氏)かもしれません。コミュニティの拡大が急務ということで、初心者でも読めるような構成にしたということです(Citrix社 島崎氏)。詳しいドキュメントは、CloudStackの関連サイトからいくらでもダウンロードできるので、上級者の方はそちらをご覧頂ければと思います。ユーザ会としての出版という扱いで、剰余金はユーザ会の活動資金にあてるということです。

 

 

 

また、この日の新年会の前の会合で、会長が今までの荒井氏から輿水氏(クリエーションライン)にバトンタッチしました。輿水氏は、CloudStack女子会の会長で、現在の業務(CloudStackの導入など)もそうですが、以前からインフラまわりの業務をされてきたエンジニアの方です。

 

 

2012年8月のCloudStackユーザ会 in 大阪で熱弁をふるう、Joe'sの池原。次回3月6日も同じ大阪大学中之島センターで開催される

今年の3月6日(水)19:00-21:00に大阪大学の中之島センターでCloudStackユーザ会 in 大阪を行うことになっています。昨年8月以来の大阪での開催になります。現在までに、新会長の輿水氏、国内でCloudStackの普及を推進をされている北瀬氏(Citrix社)をはじめ、11人の方のお話があります。Joe’sからは、池原が講演をします。クラウド業界で活躍されている方や「CloudStack徹底入門」の著者など豪華な顔ぶれですが、この会は、初心者の方を歓迎する会ですので、難しい話はされないと思います。特に、関西近辺の方は、気軽な気持ちでご参加いただければ、と思います。前回(2012年8月)は、43名の方が出席されました。大阪での開催は、Joe’sが幹事(local arrangement)をつとめています。

 

 

Joe’sでも、プライベートクラウドとVPSのKVMを、CloudStackで運用しています。3月から、KVMのアカウント発行はCloudStack 4.0 (無償版を除き、従来は2.2)になります。今年もCloudStackを応援して行きたいと思います。CloudStackユーザ会には、Joe’sにとって手強い競合他社が多数含まれています。気を引き締めて頑張っていく所存です。